義鶴の鉄扇ブログ 2011年05月
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-26

鉄扇術習得の流れ(我流)

27日~28日に続き掲載予定です
スポンサーサイト
2011-05-03

義鶴流 鉄扇術習得の流れ&適当に語ります。

私が思う鉄扇術(ほぼ自己流)の習得の流れ。

1.まず鉄扇(扇子)を好きになること。扇子は日本文化独特の代表的アイテムです。扇子は普段持ち歩いてもなんら問題はありません。大き目の鉄扇は多少武器性を持ちますが、小型の握り扇、木扇等は言うまでもなく、普通の扇子は持ち歩いていてむしろ美しいくらいです(和風、和装が好みでない人は向いていないかもしれません・・・)扇子及び日本の文化を愛しましょう・・

2.護身術、護身の定義が鉄扇術・扇子術に沿っているかの確認。鉄扇術は攻撃型の武術ではありません(全ての鉄扇術がそうとは言いませんが)私が何年も追い求めている鉄扇術は、基本的に攻撃の術を持ちません。鉄扇、扇子の形状も攻撃には向きません。打ち物として、短棒や小太刀などを扱う武術として熟練すれば強いでしょうが、義鶴流(笑)的にはあまり意味はないです。常に持ち歩いている&すぐに代用品を見つけられる形状、大きさ。そして他害性が低いこと。これが鉄扇術、扇子術の武術としての優秀さの一部だと信じています。イタズラに人を傷つけず、不本意な暴力に巻き込まれそうになったときに対応し、その状況から逃れる可能性を高めるのが扇子術です。単純に強くなりたい。喧嘩に勝ちたい人は近代格闘技を学びましょう。

3.道具をそろえる→鉄扇・扇子と友達になる。 まずは普通の扇子を持ちましょう。風も送ってくれますし日々の相棒に・・・^^
 次に一人鍛錬用に鉄扇を持ちます。手慣らし型で大きすぎず手になじむ物が最適です。画像や動画、文章で紹介しますが暇なときに重い扇子で手首を鍛え、なにより柔軟にしておきます。素早く扇子を扱うにしても重い扇子の扱いに慣れておくととっても効果的です。触れば触るほど有事の際にはあなたの大きな味方になってくれるでしょう。開閉可能な鉄扇は、観賞用、趣味、嗜好品としてはずせません。趣味に合うものを見つけてゲットしておくといいでしょう^^粗悪品では満足できず、良いものをもつと普段使ったり稽古、実戦では使用しにくいといったジレンマが味わえます。

4.一人稽古→2人稽古  まずは一人稽古。鉄扇術を使いこなすには必ず練習相手が必要になります。しかしこれを見つけるのがなかなか難しい。しかしいずれ出会うであろうパートナーが見つかるまでなにもしないのもつまらない。私が提唱する一人稽古は・・・

まずは、剣術の型、空手の型などを鉄扇を用いて行うことです。自分は居合の型を、鉄扇を日本刀の柄と仮定して型をやっています。これ、結構効果ありまして。もちろん対人での間合い間隔が実につくわけではありませんが、武術の型というのは、動き方、体重移動を学ぶものだと思っています。重心のスムーズな移動。体制を崩さず技にかかる動きが身につきます。体術、空手、合気道等の動きも半身での入り身の動きをスムーズにしてくれるかと思います。武術を習ってない方は動画を探すなりして自分にあうものをみつけてやるだけでもいいかと、なにもしないよりましです!剣道、剣術の動きは本当にまずい状況になったとき扇子、鉄扇を打撃武器として使えて思わぬ援軍になるかも・・居合は刀を腰に差した状態からの技が多いので(扇子も昔は腰に差していたので)面白いです。
体を動かしつつ鉄扇の扱いも慣れて一石二鳥です^^

とりあえず今回はここまで!
続きます
2011-05-03

3年近く

実は最後にまともに更新したのは3年近く前だったりします^^;

このブログの趣旨にそって、その間のお話と今後の抱負を語らせていただきます。

まず、鉄扇への愛情は当然尽きておりませんし、色々と画策中でもあります(笑)

合気道の練習は仕事や諸事情により断念。現在は某流派の居合術と体術を学んでいます。別に隠しているわけでもないのでそのうち記事で紹介するかも?

昔記事にしたかもしれませんが、付き合いのある刃物鍛冶さんがおりまして、現在鉄扇の商品化に向けて協議中です。。少ない需要とはいえ武術用の鉄扇が主に骨董品でしか手に入らず、新しいものも粗悪品ばかりの現実は鉄扇愛好家として耐えられるものではありません。居合・体術を学びつつ書物などから鉄扇術を調べ、または文章からあれこれと試行錯誤して同好の士と鍛錬は続けています^^

鍛冶鉄扇については骨董品の鉄扇を元に何本か作成してもらい試行錯誤継続中。ヤフオクに出したりもしてます^^;見かけた方&落札した方もいるかも・・・><

最近やっと日々の仕事に鉄扇製作を取り入れてもらえそうで、まずはこのサイトで完成品?を販売してみたりもしようかと。。基本的には受注生産なので時間はかかりますが。。今現在硬い稽古の時に使う鉄扇は骨董品を使用していますが、納得のいく鉄扇が完成の暁にはそちらを使おうかと考えています。(柔らかい稽古の時は自作の木扇子や、100円ショップの扇子つかったりしてます^^)

機械を一切使わず手作業のみでお願いしているのでやたら手間がかかり(そのわりに売れる類ではない)今までは乗り気ではなかったのですが、最近ようやく鉄扇の魅力をわかってもらえたようで、嬉しい限りです!廃れつつある鍛冶屋さんのお仕事にもなり、鉄扇という文化を守る意味でも、全く売れずともお願いは続けようと思います。

次に抱負。昔記事にて、鉄扇術(といっても、書物からの創作、体術系からの創作が多分に含まれますが)の動画や画像をアップしていこうかというアイデアを出しましたが、それを本格的に検討しているところです。
もちろん顔はわからないようにさせてもらいますが^^;まずは写真でやらしていずれ動画を・・・

私の考えでは、最近鉄扇術は普通の扇子を使用しても有効であるという確信が生まれつつあります。実際に威力は段違いですしポイントがうまくとれなくても技がかかり優れた鉄扇術ですが、熟練していくにつれ鉄である必要性が薄れていきます(主観)腕を掴まれる、肩を掴まれる、胸倉を掴まれる、など日常で遭遇しやすい暴力に対しては自身今現状100円ショップの短く小さいしょぼーい扇子でも充分な威力を発揮するはずです。
もう自己満足で我流の鉄扇術(扇子術?)を開いちゃおうかという勢いで(笑)

2011-05-03

お久しぶりでございます。

とんでもなく長い期間更新をサボってました・・・こんなブログですがアクセス数がそこそこあり、コメントも頂いていたので、本格的に再開しようと思います!鉄扇好きのお仲間の皆様、今後とも宜しくお願いしますm( )m
プロフィール

義鶴

Author:義鶴
鉄扇術・手裏剣術を中心に武術に関しての記事を書いていきます。
特に鉄扇(武具?)に関しての興味が尋常ではないので同好の士、アドバイス、情報提供、鉄扇の種類等逆に聞きたいことがある方はどんどんご連絡くださいませ。
連絡先 tessendou@yahoo.co.jp
日本舞踊藤間流   藤間朱位 門下
表千家       池田十三 個人門下
都山流尺八学会   安島瑶山 門下
根岸流手裏剣術   本部早坂道場門人
明府真影流手裏剣術 門人
日暮里誠道館手裏剣術研究会(無流派)会主
群馬県大泉手裏剣術研究会 (無流派)副会主
春日部手裏剣術稽古会   (無流派)会主
日本古武道振興会      会員

和に関連する活動に関して列記しました。特に素性は隠さない方針です。本名を書き込んだりはしませんが、気軽にご連絡ください。

最新記事
カテゴリ
鉄扇関連書籍
鉄扇術を取り扱った貴重な本の一冊ですね。鉄扇術の占める内訳は3割程度と少し物足りませんがその他の技術も鉄扇に応用できるものばかりですし、なにより私が知る限り鉄扇術の技術を記した本は2冊しか存在しないので評価は星4つです。結構オススメです♪
鉄扇術関連書籍
合気道の技を軸とする鉄扇術の技法が載っています。私が稽古している内容に近いものも数多く収録されている非常に貴重な本です。相当昔になりますが、購入時も品不足が激しく正直馬鹿らしい値段を出して買う羽目になりました・・・
オススメ鉄扇関連商品
私義鶴が監修して完成させた稽古用・実用向きの勝扇です!もともと販売用ではなく私自身が自分のために設計し地元の伝統工芸士の方に依頼したものですが、このたび「鉄扇堂」から販売されることになりました! 材質と製作難易度が高いため値段もそれなりにしますが、鉄扇術をやっていて市販の稽古用木製勝扇では満足できないかたのみお試しください^^いわゆる普通の人にとってはやたら高く感じるはずです。私は黒檀の丈夫さと質感に満足していますが^^(ちなみに私が使っている最初の一本はこの値段の3倍くらいとられました・・・ 材料の本黒檀が値段もさることながら一本の勝扇に仕上げるだけの大きさを入手するのが困難らしく、業者としては売る意味がないくらい在庫難だそうです(いわゆる黒檀風の練り物は除く)。興味のある方は是非^^
稽古用高級勝扇
上記の本黒檀の系列で、縞模様の入った縞黒檀製です。材質が1ランク落ちるため若干安くなっています。本黒檀ほどではありませんが材料入手が難しいため在庫は極端に少ないはずです。
月別アーカイブ
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。